|レーザー脱毛|CO2(炭酸ガス)レーザー|スレッドリフト|二重まぶた(埋没法)|にきび/ニキビ|しみ/シミ|しわ/シワ|
|ほくろ/ホクロ|多汗症|ヒアルロン酸|ボトックス|プラセンタ|練馬区春日町|皮膚科|さいとうクリニック|
皮膚科・形成外科 さいとうクリニック TEL) 03-3926-5402

HOME 皮膚科 形成外科 美容外科 レーザー脱毛 CO2レーザー スレッドリフト
二重まぶた(埋没法) しわ治療 しみ治療 院長紹介 価格表(美容) Q & A アクセスMAP

脱毛レーザー/腋臭(わきが/ワキガ)/眼瞼下垂/にきび/しみ/そばかす/黒子(ほくろ) 練馬区春日町 さいとうクリニック
脱毛レーザー/腋臭(わきが/ワキガ)/眼瞼下垂/にきび/しみ/そばかす/黒子(ほくろ) 練馬区春日町 さいとうクリニック



急性湿疹急性湿疹

 急に痒みが出たり、丘疹という赤いブツブツが多発する発疹を急性湿疹
と言います。この赤いブツブツは、毛穴に一致している事が多く、ブツブツ
の数が増えると、全体的に赤く見えます。原因は、ストレス、疲れによる
免疫低下等が、考えられます。
 治療は、かゆみ・炎症止め(ステロイド軟膏)、抗アレルギー剤内服を行います。


慢性湿疹
慢性湿疹
 急性湿疹が、長期に続き、繰り返す状態を慢性湿疹と言います。慢性化すると茶色く色素沈着を伴ったり、皮膚が厚くなったり(苔癬化)します。
 治療は、急性湿疹と同様に、痒み・炎症止め(ステロイド軟膏塗布)、抗アレルギー剤内服をして頂きます。


アトピー性皮膚炎

 アトピー素因といって、皮膚がカサカサ乾燥し、そこにストレスが加わったり、ハウスダスト、ダニなどのアレルゲンの影響で、皮膚炎を起こします。ヒジの内側やヒザの裏に皮膚炎、耳切れが特徴です。血液検査で、アレルギーの数値が、高いことが多いです。治療は、急性期は、ステロイド軟膏塗布して頂き、慢性期には、ステロイドレベルダウンし、プロトピック軟膏(非ステロイド)も使用したりします。


蕁麻疹(じんま疹)

じんましん 急に皮膚に盛り上がったような発疹(膨疹)が、現れ、24時間以内に消失したりするのが特徴です。この盛り上がった発疹は、血管性浮腫とも呼ばれ、血管より外に水分が出て皮膚が脹れたものです。原因は、ストレス、寒冷、温熱刺激、体調、免疫力低下など様々、考えられています。生魚(サバ)、小麦等、食物が原因のこともあり、血液検査で、アレルギーの原因を調べる事も、可能です。治療は、抗アレルギー剤、ステロイド剤の内服をして頂きます。痒み等、症状の強い方には、強ミノファーゲン(肝臓を元気にする)、ステロイド静注もしております。即効性があります。


接触性皮膚炎 接触性皮膚炎

 外界からの刺激が原因で起こる皮膚炎のことです。
たとえば、パーマ液や毛染めの刺激で起こる皮膚炎(赤くかゆみが出る)もそうです。
他には、シップを貼っていたところが赤くなったり、毛虫の毛でかぶれる場合もあります(毒蛾皮膚炎)。紫外線で赤くなる場合も、あります。いずれも治療は、ステロイド軟膏や痒み止めの内服で治療します。


帯状疱疹

 子供のころに、水ぼうそう(水痘)に多くの人がかかります。このときに、水ぼうそうのウイルス(水痘ウイルス)が体内の神経節という部分に隠れています。その後、年数を経て、過労やストレス、病気などで免疫力(抵抗力)が落ちてくると、痛みを伴ったブツブツ(小水疱)が帯状疱疹という形で現れてきます。帯状疱疹は、神経に沿って出現するのが特徴で、顔面であれば額〜頭部にかけて(三叉神経領域)、胸〜背中にかけて(肋間神経)に痛みを伴ったブツブツが現れます。
 治療は、抗ウイルス剤の内服をしてもらいます。痛みが強い場合には鎮痛薬も内服してもらいます。皮膚のブツブツには、抗生物質入りの軟膏を塗布してもらいます。
帯状疱疹 帯状疱疹


にきび治療
クリニック にきびで悩んでいる方へ。にきびは、毛穴に皮脂腺から分泌された皮脂がたまり代謝が悪く皮脂が排出されない場合に、初期には、白にきび(微小面皰)として現れます。次に、皮脂を栄養源としてアクネ菌が繁殖し炎症を起こし赤にきび(炎症性ざ瘡)として表れます。治療としては、毛穴に詰まった皮脂を溶かして除去する(レチノイド作用)塗布薬及びアクネ菌を抑えるための抗生剤の塗布薬を使用します。皮脂を溶かして除去する塗布薬は、アダパレン(商品名ディフェリンゲル)、過酸化ベンゾイル(商品名 ベピオゲル)、過酸化ベンゾイル+クリンダマイシン(デュアック配合ゲル)、アダパレン+過酸化ベンゾイル(エピデュオゲル)があります。抗生剤塗布薬は、クリンダマイシン(商品名 ダラシンTゲル)、オゼノキサシン(商品名 ゼビアックスローション)等があります。内服薬では、ビタミンB2、B6は、皮脂を減らす効果がありビタミンCは色素沈着を抑え、傷の治りを良くするため内服して頂きます。にきびの炎症が強い場合、抗生剤内服もして頂きます。中には、頑固でなかなか治らないにきびもあり、このような場合には、にきびレーザーを併用することで良くなるケースが多いので、頑固なにきびに対しては、お勧めです。にきびレーザーの作用としては、レーザー光線が皮膚を通過し、毛根に吸収され、毛根を破壊します。この時に、出る熱により、にきびの原因菌であるアクネ菌を直接殺菌し、皮脂腺にダメージを与えるため、毛穴を引き締めます。これにより、直接にきびを治す効果と、にきびを出来にくくする効果があります。月に1回ずつ3〜5回くらい続けるとよいかと思います。

 にきびレーザー 1回(顔全体) 5000円



Copyright (C) by Saito Clinic. All rights reserved.

|HOME|皮膚科|形成外科|美容外科|レーザー脱毛|CO2レーザー|スレッドリフト|
|二重まぶた(埋没法)|しわ治療|しみ治療|院長紹介|価格表(美容)|Q&A|アクセスMAP|