|レーザー脱毛|CO2(炭酸ガス)レーザー|スレッドリフト|二重まぶた(埋没法)|にきび/ニキビ|しみ/シミ|しわ/シワ|
|ほくろ/ホクロ|多汗症|ヒアルロン酸|ボトックス|プラセンタ|練馬区春日町|皮膚科|さいとうクリニック|
皮膚科・形成外科 さいとうクリニック TEL) 03-3926-5402

HOME 皮膚科 形成外科 美容外科 レーザー脱毛 CO2レーザー スレッドリフト
二重まぶた(埋没法) しわ治療 しみ治療 院長紹介 価格表(美容) Q & A アクセスMAP

脱毛レーザー/腋臭(わきが/ワキガ)/眼瞼下垂/にきび/しみ/そばかす/黒子(ほくろ) 練馬区春日町 さいとうクリニック
脱毛レーザー/腋臭(わきが/ワキガ)/眼瞼下垂/にきび/しみ/そばかす/黒子(ほくろ) 練馬区春日町 さいとうクリニック


形成外科とは先天的な奇形、外傷(けが)、腫瘍(できもの)などによる身体各部位に生じた醜形を手術によってきれいな傷でできるだけ正常な状態に近づける治療を行う科です。
 取り扱う疾患は、日常多いと思われるものでは皮膚良性腫瘍(黒子[ホクロ]、イボ、あざ)、皮膚悪性腫瘍(基底細胞癌、有棘細胞癌など)、外傷(けが)、陥入爪、彎曲爪(巻き爪)、熱傷(やけど)などがあります。
 日常よく行っている手術治療をいくつかご説明いたします。




ほくろ(ホクロ)手術治療

 ホクロ(母斑)の手術は、小さいほくろ(ホクロ)の場合、局所麻酔下にホクロの部分をメスでくり抜きます。くり抜いた後は、必要に応じて、糸で縫合します。大きいほくろ(ホクロ)の場合、紡錘形に切り取って、糸で縫合します。そのため1週間~10日で、抜糸が必要になります。手術翌日は来院可能な方は、消毒処置に来て頂き、それ以降、抜糸までの期間は、自己消毒して頂きます。その間、通院は不要です。傷跡は、細い線が1本残りますが、しわに重ねて縫合するため、あまり目立たないように仕上げます。ホクロ手術のメリットは、病理検査に提出し、細胞の良性悪性の診断がつけられる点です。それから再発の可能性が低い点です。


粉瘤の手術治療

 粉瘤は、皮膚と癒着し皮膚の下に袋状の腫瘤が出来たもので、通称(脂肪の塊)と呼ばれています。手術は、局所麻酔下に、メスで切除し袋を取り除く方法で行います。縫合するため、1w~2wくらいの期間で、抜糸が必要になります。手術翌日、一度、傷のチェックをさせて頂き、その後は、自己消毒となり、抜糸までの期間は、通院不要です。
 粉瘤に細菌感染を併発している場合は、抗生物質を内服して頂き、腫瘍が縮小後に摘出手術を行います。日帰り手術で可能です。


陥入爪

 爪の側爪郭の部分が皮膚に食い込み疼痛を伴い、感染を併発し悪化すると肉芽形成が起こる。足の第1趾に好発する。原因としては、小さすぎる靴や先のとがった靴(ハイヒールなど)により爪郭が圧迫されること、深爪や乱暴な爪切りによって爪棘が残り爪溝を刺激することなどが考えられている。治療としては、感染による発赤、腫脹が強い時は抗生物質による保存的治療を行い、感染が治まった時点で手術による爪甲及び爪母の切除を行っています。


腋臭(わきが/ワキガ)の治療

 わきの独特な臭いの原因は、アポクリン腺により分泌される汗に細菌が関与し化学的変化によって臭いが生じると言われています。治療法は、このアポクリン腺を可及的に除去することにより制汗効果および汗の臭いの減少がみられます。
 手術方法は、反転剪除法という方法で、ワキの皮膚を切開(切開線1~3本)後、皮膚を反転させアポクリン腺を取り除きます。直視下にアポクリン腺摘除を行うため確実な方法です。傷跡は、細い線が1~3本残りますが、傷跡を、しわに平行にするためほとんど目立ちません。術後は、包帯にて圧迫固定し帰宅して頂きます。2w後に、抜糸になります。このような流れで手術を行っております。


眼瞼下垂症の治療

 最近、まぶたが重く感じる、たるんで見えにくくなったと感じている方へ。それは、眼瞼下垂症の可能性があります。眼瞼下垂とは、まぶたを上方にあげ目を開く筋肉の瞼板とつながっている腱膜部分が外れ、筋肉がうまく機能しない状態の事を言います。そのため、目が開きにくく見えにくいという状態が起こります。また、単に、まぶたが重く見えにくいだけでなく、その他に多彩な症状を示す事もあり、目が疲れやすい、頭痛がする、肩がこるなどがみられる場合があります。治療は、外れてしまった腱膜及び筋肉を短縮し、瞼板につないであげる手術を行います。


陥没乳頭の治療

 乳頭が、皮膚の中に隠れていて表面に出てこないか、一時的に出てすぐに隠れてしまう状態を陥没乳頭といいます。陥没には、軽度のものから重度のものまであります。乳頭が陥没していると見た目の問題(整容面)もありますが、授乳の問題もあります。将来的に妊娠、出産を希望される場合、乳管を出来る限り温存することで手術後の授乳も可能となります。整容面の改善を希望される方においてもできる限り乳管は温存するようにしています。
 手術後の合併症としましては、後戻り、出血、感染等が考えられます。手術法は、後戻りを出来る限り少なくする方法を選択しております。



Copyright (C) by Saito Clinic. All rights reserved.

|HOME|皮膚科|形成外科|美容外科|レーザー脱毛|CO2レーザー|スレッドリフト|
|二重まぶた(埋没法)|しわ治療|しみ治療|院長紹介|価格表(美容)|Q&A|アクセスMAP|